障害者雇用 紹介会社

障害者専門の人材紹介会社を使おう

車イスを押す支援団体の人

障害者の人達が転職するにはかなりのハードルがあるといわざるを得ません。最近は障害者雇用促進法により障害を持つ人を採用する会社も少しづつですが増えてはきていますが、まだまだ働きたい人の数との需要と供給のバランスがとれているとはいえません。

 

そういったことからも、障害を持つ人が職探しをするのはかなり大変なままです。雑誌の求人情報を見たり、ハローワークなどの職業を紹介してくれるところだけで探すのは無理があります。

 

ジョブコーチなどがいる障害者就労支援の支援センターなどの利用も積極的にしていくほうがいいでしょう。できる限りアプローチできる数を増やすことは戦略としても必要になってきます。

 

障害といっても、身体障害者の方であれば、まだチャンスはあるのですが、精神系の場合はまだまだ消極的な企業が多いのが実情ではないでしょうか。身障者の人を迎え入れる企業は増えており、会社内にバリアフリーの設備を導入したりしているところもあります。

 

今は人材紹介などの転職系のネットサービスもいくつかでてきているので、そういったところに登録をしておくのもいいでしょう。いろいろな情報を教えてくれたり、障害者の転職状況についてもリアルな話が聞けるので参考になることもたくさんあるはずです。